スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の意識

2012年5月20日(日)、東京国際フォーラムにて東京私立中学高等学校協会主催の「東京私立中学合同相談会」が開催されました。

当日は多くの小学生と保護者の方が来場され、さまざまな学校のブースやセミナーなど、大変盛り上がったそうです。

スピードラーニング・ジュニアのエスプリラインもロビーギャラリーにブースを出展し、イベントに来場した方に『スピードラーニング』を試聴してもらったそうです。

当日、お子さんや父兄の方から英語学習・教材についてアンケートを取られたようです。

そのアンケート結果から、気になったことを紹介したいと思います。


1、 英語関係の習い事をしていますか?
この結果にはちょっと驚きました。都会では、かなりの子供たちが英語の習い事をしていると思い込んでいたのですが、いいえと答えた方がなんと70%以上もいました。
私立中学合同相談会ですから、会場に来ていた小学生は5年生か6年生だと思います。私は、半数以上の方が(6割くらいは)英語の習い事をしているんだろうと思っていました。

2、 英語の習い事の内容は?
習い事をしている約30%子どもたちは、およそ15%が英会話教室に通っている。7%弱が英語教材を使って学習をしている。こういうものでした。

3、 英語教材に求めるものは何?
保護者の方が英語教材に1番求めているものは、実際に英語を話せるようになることが約30%、 続けやすさがおよそ15%、楽しめる内容であること約10%、求めやすい価格であること約10%、学校の成績が上がること約10%です。

このほかに、「異文化や世界への興味が広がること」や「外国人と触れ合えるイベントの提供」という回答もあったそうです。

上記3つの内容から、分かることは、小学校から英語学習が導入されていますが、英語の必要性を感じているけれどまだ始めていない方が多いのではないか感じます。

さらに、受験勉強に集中させたいという理由から、英語に関する習い事はさせていない人も少なくないようです。

児童英語教材比較ページ>>


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

TOSHI

Author:TOSHI
こんにちは。
塾の講師をしています。
基本的に、役に立つ、
楽しく読める記事を書こうと思っています。

おじさんブロガーですが、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。