スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人よりも子供が有利

小さいころから英語学習を始めて法がいいという理由の一つに、「母語干渉」と言う問題があります。

たぶん初めて聞く言葉だと思います。母語干渉(ぼごかんしょう)と読みます。
私たちの脳の中には、大人になるに従って「日本語の発音・文法・単語」だけが正しいという観念が出来上がります。

日本語以外の言語を学習すると、脳は異質な言語を排除し、日本語脳に復元しようとするのだそうです。

これが、「母語干渉」です。

母語干渉があると、私たちは他の言語を受け入れることができません。

学習していても、その言語を排除しようとする力が働き、どんどん忘れていってしまいます。

大人になってから英会話がなかなか身につかないというのは、この母語干渉があるからです。

でも大人になってからでも、英語を身につけた人はいます。

その人には、母語干渉が無かったのでしょうか?

そんなことはありません。

英語の刺激を継続して与え続けると、脳が「英語というものは、生きていくために必要らしい」と判断して、英語を排除しないようになるのだそうです。

刺激が一定量を超えると、英語の力が急激に伸びるということです。

「ある日突然英語が口から出てきた」と言うのは、この母語干渉を受けないレベルに達した瞬間のことではないかと思います。

子供たちは、まだ母語干渉が強くありません。

英語に触れ続けることで、どんどん英語が身についていく可能性が大きいのです。


小学生・中学生の
児童英語教材比較>>


スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

TOSHI

Author:TOSHI
こんにちは。
塾の講師をしています。
基本的に、役に立つ、
楽しく読める記事を書こうと思っています。

おじさんブロガーですが、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。