スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を好きになりたい!

ちょっと古いデータですが、2009年に行われた「中学校英語に関する基本調査」で、このようなことが分かりました。

「中1の2学期から英語を苦手と感じる生徒が増える」

英語が苦手だなぁと思い始める時期は、昔も今も変わらない。

一般動詞が出てくる頃なんですね。

つの問題として、学習進度の問題があると思います。

学校では、1学年で1つのテキストを終了させるように授業を進めなくてはなりません。ですから、生徒たちが学習内容を理解しているかどうかより、学習進度のほうに重点が置かれてしまいます。

授業の中に、英語を使うという部分を取り入れ、それによって文法を理解していくという実践的な英語力養成方法がほしいなあと思うのですが。

中学2年生のうち約4割は、中学入学以前に塾や英会話教室で「聞く」「話す」「読む」「書く」、そして歌やダンスなどを通して、英語を習ってきているようです。それが楽しかったという声が全体の約7割!

そして、小学英語の楽しい記憶を残したままの中学入学直後が、英語に対してのモチベーションが最も高かったと答えています。きっと英語学習の先にさまざまな夢が見えていたのでしょう。

それなのに、その後わずか半年から1年の間に苦手な教科に変わってしまう…。

「どんな授業を受けたいか?」の質問に対する回答は、「入試に役立つ授業」、次いで「英語が好きになる授業」でした。実に10人に3人の子どもたちが、「本当は英語を好きになりたい」ことが分かります。

このギャップ、何とかならないものでしょうか?

英語を好きになりたいという思いを大切に育て、モチベーションを上げてあげるにはどうしたらいいのでしょうか?

部活に学習塾に習い事、もちろん宿題だってあるイマドキの子どもたちは本当に忙しい。おとなしいと思ったらお風呂で寝ていた…なんていう話も聞きます。

どんなに多忙で疲れている子でも、楽しみながら無理なく英語を学ぶことができる教材があるといいですね。

小学生・中学生の
児童英語教材比較>>

スポンサーサイト

テーマ : 中学生
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

TOSHI

Author:TOSHI
こんにちは。
塾の講師をしています。
基本的に、役に立つ、
楽しく読める記事を書こうと思っています。

おじさんブロガーですが、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。