スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の違いはしかられ方にも

子供達がいたずらをして叱られている場面を想像して下さい。

仲間の先生から聞いた、ある中学校で起きた実際の話です。
日本の子供は叱られるとき、うなだれて下を向き、反省しているという気持ちを表します。

アメリカではどうでしょうか。

アメリカでは、叱られるときも相手と話すときと同じように相手の目を見ます。そして、「あなたの言っていることを真剣に聞いています。その言葉をしっかり聞き、これからは気をつけます」という気持ちを表します。

帰国子女の生徒が、仲間と一緒にいたずらをして職員室に呼ばれてしかられました。その生徒をAさんと呼びましょう。

Aさん以外の生徒は、みんな下を向いてしょんぼりしているのにAさんは叱っている先生の顔をじっと見ていました。

Confusing expressionConfusing expression / rhinman


その様子に叱っていた先生「カチン」と来たんですね。

「お前は、反省する気が無いのか」と怒り出してしまいました。でも先生がなぜ起こり出したのかAさんは分からなかったんですね。

だってAさんは、先生の話をしっかり聞いて反省していたんですから。

放課後今度は1人だけ職員室に呼び出されたAさん。そこで、なんとかその誤解は解けたということです。

日本とアメリカ、叱られ方にもこんな違いがあるんですね。

小学生・中学生の
児童英語教材比較>>


スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

TOSHI

Author:TOSHI
こんにちは。
塾の講師をしています。
基本的に、役に立つ、
楽しく読める記事を書こうと思っています。

おじさんブロガーですが、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。