スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピードラーニング・ジュニア石川遼選手の場合

ゴルフで大活躍の石川遼選手も、スピードラーニング・ジュニアを聞いていました。

彼は、お父さんのすすめで2007年7月からスピードラーニング・ジュニアの受講を開始しています。そして2009年の全英オープンでは、テレビ局のインタ ビューに通訳なしで答えていました。

もちろん「英語で」です。

石川選手は、スピードラーニング・ジュニア受講後、スピードラーニング英語を聞き流すようになりました。

聞き流しを2007年7月から2009年7月ですからちょうど2年間。スピードラーニング・ジュニアとスピードラーニング英語で英会話の勉強をしていたことになりま す。

英語を身につけるのには、時間がかかります。でも石川遼選手は2年間で海外でのインタビューに英語で答えられるようになりました。

このことから、学習には継続が大切だということも分かりますね。

この2年間を、長いと感じるか短いと感じるか、個人差はあると思います。

私は、短いと思います。

お父さん、お母さん方だけでなく、社会人になってから英語学習をする人たちも、努力のあとすぐに結果を期待してしまいます。

中学校3年間、高校で3年間、合計6年間英語の勉強をしますが、それだけの勉強で英語を話せるようになったでしょうか。

学校教育だけでは話せない理由はいろいろありますが、学校での6年間の勉強に対し、石川遼選手はもちろん努力はしたでしょうが2年間で(学校でも英語の勉強をしながらではありますが)あれだけ話せるようになりました。

スピードラーニング・ジュニアを受講しての英語の効果は、1年後、2年後のお子さんの姿の中にあります。

そしてできれば、お母さん、お父さんもいっしょにこの教材を楽しんで下さい。

最後まで読んでいただき、有難うございました。


教材の詳しい情報は、公式サイトで確認できます。
公式サイト⇒『スピードラーニング・ジュニア』


ジュニアVSジュニア・児童英語教材比較のページを見る

スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

tag : 子ども英語

コメント

Secret

プロフィール

TOSHI

Author:TOSHI
こんにちは。
塾の講師をしています。
基本的に、役に立つ、
楽しく読める記事を書こうと思っています。

おじさんブロガーですが、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。